『あー!今、無意識に●●してたなぁ!』と

日常生活で思う人はいるかな?と考えてみました。むむむ。

 

 

多分そういう事を「意識(=無意識に気がつく)」する方はあまり多くはないと思います。笑。

そういう方は普段からかなり『無意識』を『意識(=無意識に気がつく)』(ややこしくてすいません)の境界を行き来してないとできません。

 

(意識しているというあなた、あなたはもう仙人の領域に一歩、足をふみいれております。普通じゃないですよ〜。自覚してくださ〜い。笑。)

 

 

 

 

 

 

例えば『手を軽く振ってから、胸の前でぱっと手を組んでみてください』

といわれたらどちらの手の親指が上にきますか?

この場合結果は、右でも左でも構いませんよ〜。

その組み方に注目してください。その組み方は概ね『無意識』で組んだ、自分に馴染んだ組み方だと思います。癖ともいうかもしれません。

次に「手を組んだまま、いま下になった方の親指を上にしてみてください。」




なんだか、じんわり〜と『違和感』を感じませんか?

なんか落ち着かなかったり、ちょっと気持ち悪く感じませんか?

そのなんか感じるソレ(感覚)が大切です。





それは『無意識』の行動を『意識』して変えた『感覚』だと思うのです。

『無意識』を『意識』するっていうのはそんな違和感を常に感じるという事かな?と思うのです。




体に例えると、女性の腰痛のお客様で多いのが「過進展(の膝)」の方です。良い悪いではなく、それが癖になっています。 ご自分の癖に『意識(=無意識に気がつく)』がいくのがとっても大切です。

『無意識』で自分の体のバランスを取るために膝をロックして、腰を守る立ち方をしているのではと思います。体ってなんて賢いのでしょうか!

そんな方は、立っている時にちょこっと『意識』して膝を緩めるがオススメなんです。ちょうど誰かに「膝カックン」されたような状態です。人にやられるとかなりイラッとしますが、自分で膝カックンしてみてください。




信号待ちで立っている時に、『意識』して「膝カックン!」

立ってて腰が痛いかもとおもったら『意識』して「膝カックン!」

歯磨きしてても『意識』して「膝カックン!」

子供を抱いても『意識』して「膝カックン!」

お風呂あがりに頭をふいても『意識』して「膝カックン!」

この辺にしておきます。笑。




原因はもちろん色々ありますが、女性の腰痛持ちの方は1度おためしください。

これは私の体験でほんの一例で、嘘のような話ですが、私はこの「セルフ膝カックン」で本当に慢性的な腰痛からかなり解放されました。

誰かのお役にたてたらいいなぁとおもいます。

ポイントは『無意識』と『意識』と『膝カックン』!

お後がよろしいようで…